ウエアラブルデバイスからの大量データをスマホ・レスで収集する「CONNECTUS」

ウェアラブルデバイスは、スマートフォンの普及の中で、後付けデバイスとして広まった。

その結果、スマートフォンでは取得することができないデータをウエアラブルデバイスは収集し、スマートフォンを通信機器として経由して、クラウドにデータをあげる、という方式をとるのが当たり前だった。

一方、実際にウェアラブルデバイスを実際に使ってみると、スマートフォンありきでしか動かないことが多いことに疑問を持つことが少なくない。

特に、産業利用を考えると、個人のスマートフォンを経由して通信させることや、ウエアラブルを装着させたい人ひとりに対して1台のスマートフォンを支給することに抵抗がある事業者も多い。

今回、最大300mの飛距離がとれて、40端末まで接続ができる、屋内外用ゲートウェイとクラウドサービスをもつ、「ThingsBridge(トップ画像中)」を提供するAgxと、様々なサービスやデバイスとの接続が実現でき、可視化などが実現できるIoTプラットフォーム「SensorCorpus(トップ画像右)」を提供するインフォコーパスがタッグを組んで、「CONNECTUS(コネクタス)」というサービスを提供開始することとなった。

第一弾として、ホシデン株式会社のバイタルモニタービーコン「MEDiTAG(トップ画像左)」と「CONNECTUS」を自動接続するソリューションとして、「CONNECTUS with HOSIDEN MEDiTAG」をリリースした。

このサービスでは、「パルス」「歩数」「消費カロリー」「転倒検知」等が取得できるので、作業現場での作業者安全管理や、スポーツジムでの活動データ収集、介護現場でのバイタル情報(心拍)の取得といった場面で、ウエアラブルデバイスを装着するユーザのスマートフォンを経由することなくデータの送信が可能となるのだ。

これまで、ウェアラブルデバイスによるバイタルデータなどの収集のために、一人一台スマートフォンを貸し出すなど事業者側の負担が大きかった場面で広がっていきそうだ。

Previous

オゾン発生技術をもとに水耕栽培を行う「SimuGro Smart Farming System」 ーCOMPUTEX2019レポート8

村田製作所と戸田建設、IoTを活用した作業者安全モニタリングシステムを販売開始

Next