ソフトバンク、Googleアシスタント搭載のスマートディスプレー「Google Nest Hub」を発売

SB C&S株式会社とソフトバンク株式会社は、Googleアシスタントを搭載したスマートディスプレー「Google Nest Hub(グーグル ネスト ハブ)」を、全国のソフトバンクショップおよびSoftBank SELECTION オンラインショップで2019年6月12日より発売する。ソフトバンクの利用者はGoogle Nest Hub取扱店舗で分割払いでの購入が可能で、毎月の携帯電話利用料金と一緒に支払うことができる。

Google Nest Hubは、Googleアシスタントを搭載した、音声で動作するGoogleのスマートディスプレーである。「OK Google」と話し掛けるだけで、検索、YouTube、Googleフォト、カレンダー、マップなど、Googleのサービスをディスプレーに表示して使用できる。自宅の対応スマートデバイスの管理や操作もできる他、デジタルフォトフレームとしても使用できる。

なお、Google Nest Hubの販売価格は1万5,120円である。

Previous

Amazon、AI・ARを活用したバーチャルメイク機能を導入

KDDIとナビタイムジャパン、快適な交通社会を構築するためIoTを活用してMaaS領域で連携

Next