三次元IoTイルミネーション『L3Dキューブ』、クラウドファンディングMAKUAKEにて先行販売

3Dプリンター・IoT商品・雑貨の輸入販売事業を手掛ける、インタービジネスブリッジ合同会社は、三次元IoTイルミネーション『L3Dキューブ』の先行販売を、クラウドファンディングMAKUAKEにて開始した。(2月4日~3月30日まで)

 

L3Dキューブは、米Lookig Glass社がKickstarterにおいて25万ドルを集め商品化した今注目の3次元IoTイルミネーション。音にも反応し、面白機能満載のガジェットだ。

今回、日本での使用を待ち望んでいたユーザーのために、ついに日本特別仕様「L3D CUBE Mk-Ⅲ」としてリリースするに至った。

クラウドファンディングMAKUAKEでは、早期限定割引 50台 \39,000にて提供(定価の35%OFF)。

 

【L3Dキューブの3つの特長】

  1. 3次元512個ものフルカラーLEDを搭載。自由自在に光プログラムの作成ができる。Hackers/Makersは必見の商品。
  2. 音に反応し、加速度センサー、WIFI機能も搭載。モーションセンサーやArduinoとも接続可能。インターラクティブに多彩な表現が可能な新感覚のガジェット。
  3. グローバルプラットフォームCubeTubeで世界中のユーザーとデーターの共有ができ、また無料でダウンロードして自由に楽しむことも可能。
L3D Cube MkⅢ Promotion Movie 0203

 

 

【関連リンク】
インタービジネスブリッジ(INTER BUSINESS BRIDGE)
Looking Glass
Makuake 三次元IoTイルミネーション『L3Dキューブ』

Previous

IT技術に関する調査結果をVSNが発表。今後、ニーズが高まると思うのは「IoT」「SDN」「サーバー仮想化」「クラウド」。

PALTEK、IoT市場向けゲートウェイを提供するロバステルと販売代理店契約を締結

Next