小さなスペースで生活するためのロボット家具「ROGNAN」をIKEAとOri Livingが開発

IKEAはスタートアップ企業のOri Livingと共同で「ROGNAN」というロボット家具を開発した。

Oriは、2年前に最初の商品を発表し、ほぼ同時期にロボット家具の開発のためIKEAと協力し始めたという。

「ROGNAN」は、IKEAのストレージソリューションPLATSAを標準的なジオメトリとして使用しながら、システムを考慮したOriのロボットプラットフォーム上に構築されている。

つまり、人々は、「ROGNAN」の機能や外観を簡単に変更したり、必要に応じてPLATSAを別の場所に移動したり、製品を自分の人生の変化に適応させたりすることにより、無駄を減らすことができる。

IKEAとOri Livingが、小さなスペースで生活するためのロボット家具「ROGNAN」を開発

スウェーデンのIKEAの製品開発者であるSeana Strawn氏は、「 ROGNANを使用すれば、ベッドルームからウォークインクローゼット、作業スペース、リビングルームに変換することができます。リビングルーム時には、8平方メートルのリビングスペースを確保できます。家具を小さくする代わりに、家具をその時点で必要な機能に変えます。ベッドで寝るとき、ソファは必要ないので収納したり、ワードローブを使うときはベッドは必要ないので収納したりします。」と語った。

「ROGNAN」を小スペースでの生活のためのロボット家具ソリューションとして使用することで、快適さと便利さを備えたスマートスペースに変えることができる。

「ROGNAN」の最初の発売は2020年の間に香港と日本で行われるとのことだ。

参考:Ori Living

Previous

NECと楽天モバイル、オープンvRAN対応の5G無線機を共同開発

働き方改革×IoTのいま ー第14回総務・人事・経理ワールドレポート

Next