松電舎、AIを活用した外観検査ソフトウェア「AI-Detector」を販売

近年、製造業のものづくり現場では、ますます自動化が加速している。このような中、マイクロスコープや産業用カメラなど光学機器の企画、製造、販売を行う株式会社松電舎は、ものづくりAI分野に進出すると発表した。

今回、松電舎は、AI外観検査ソフトウェア「AI-Detector」を2019年6月25日から販売開始する。

松電舎、AIを活用した外観検査ソフトウェア「AI-Detector」を販売

「AI-Detector」は、従来の外観検査では必要だった、ややこしい設定等が必要なく、AIの専門知識、プログラミング、データを蓄積するクラウドも不要である。パソコン1台、グラフィックボード一枚、ソフトウェアで簡単に検査が開始できる。

通常最低100枚以上必要だったトレーニング画像が最低15枚、通常半日から1日かかるラーニング時間は最短1時間で検査開始が可能なため、導入も簡単だ。

また、個数カウント・有無検査の最小限に機能を絞り、汎用ソフトとしてアプリケーション化されたため、価格は178,000円(税抜)となっている。

異物混入 | AI-Detector | 株式会社松電舎
Previous

NEC、建設キャリアアップシステムと連携した「建設現場顔認証入退管理サービス」を提供開始

オプテックス、工場や倉庫出入口のシートシャッター開閉用シャッターセンサー「OAM-EXPLORER」の販売開始

Next