ソフトバンク、5G-NRの車両間通信を用いた車間距離自動制御の実証実験を新東名高速道路で実施

ソフトバンク株式会社は、5Gの新たな無線方式(以下、5G-NR)の無線伝送技術に基づく車両間通信(※1)の屋外フィールド試験として、新東名高速道路でトラック隊列走行の実証実験を行った。

同実証実験は、新東名高速道路の試験区間約14kmを、先頭車両が有人運転で後続車両が自動運転で先頭車両を追従し時速約70kmで走行する3台のトラック車両間で、5Gの車両間通信(4.5GHz帯使用、無線区間の伝送遅延1ms以下)を用いて位置情報や速度情報などを共有し、リアルタイムでCACCを行った。CACCとは、協調型車間距離維持制御という、通信で先行車の制御情報を受信し、車間距離を一定に保つ機能のことだ。

同実証では、「5G-NR」の高信頼・低遅延という特長を活用して、高速道路を隊列走行するトラック車両間で制御情報を共有し、CACCによる安定した隊列維持に成功した。

なお、同実証実験は、ソフトバンクが請け負った、総務省の「高速移動時において無線区間1ms、End-to-Endで10msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」で実施されたものであり、隊列走行実験用トラック車両の提供および新東名高速道路での車間距離自動制御実験は、先進モビリティ株式会社の協力・支援により行われた。

今後もソフトバンクは、「5G-NR」の無線伝送技術に基づく車両間通信に特有な電波伝搬環境や技術的要求条件を把握する目的で、車両間通信の標準化に向けて、実証試験を進める。また、トラック隊列走行の早期実現に向けて、引き続き技術検証および実証評価を行うとした。

Previous

KDDIとメルカリ、スマートグラス「nreal light」を活用したサービス開発へ

経産省・厚労省・文科省、「平成30年度ものづくり基盤技術の振興施策」を作成

Next