デジタルの糸が紡ぐ、スマートファクトリーの未来 ーPTC LIVEWORX2019レポート1

設計をデジタルで行いシミュレーションするメリット

PTC LIVEWORX2019
CADソフトCreoと、シミュレーションを行う、Creo simulatoin live

CreoというCADシステムで設計を行い、シミュレーションを加え、その結果をフィードバックすることに対するメリットはどこにあるのだろうか。ジム・ヘプルマン氏は「設計にフィードバックがどんどん入り、すぐ改善できるため、製品の市場導入が早まることだ。」という。

最近の設計では、単純なCADでの人による設計だけでなく、アルゴリズムを活用して構造設計を行う「ジェネラティブデザイン」と呼ばれる手法も登場していることもあり設計はより複雑化していると言える。

しかし、部品の構成管理を徹底することで、部品の設計だけでなく、部品の組み合わせによる無限のパターンから、マーケティングやセールスを行うことも可能となるはずだ。

次ページ「構成管理で製造の現場がスムーズになる