AppleがWatch OS6を発表 騒音の測定・通知、Apple Storeからの直接購入などが可能に

Appleは6月3日、WatchOS 6のプレビューを発表した。Cycle Tracking、Noiseアプリケーション、 Activity Trends、Apple Watchから直接アクセスできるApp Storeをなどを新たに導入した。

新たに搭載されたCycle Trackingアプリケーションを使うと、女性は月経周期の情報を記録し、次の月経の時期や妊娠可能期間を予測することができる。

記録できる情報は、現在の周期、月経血、症状や兆候、排卵予測キットの結果や排卵周期の記録に関するその他の要素といった月経期間に関連する情報を記録することができる。このCycle Tracking機能は、iOS 13がインストールされたiPhoneでも使うことができる。

またNoiseアプリケーションでは、コンサートやスポーツイベントといった、聴力に好ましくない影響を与える可能性がある環境での騒音レベルを測定する。

Apple Watch OS6
騒音レベルを測定、警告してくれる

騒音レベルが変化すると、アプリケーションのデシベルメーターもリアルタイムでそれを表示する。世界保健機関(WHO)によると、90デシベルの音を週に4時間聞き続けると、聴力に影響が出始めるとされており、騒音レベルがこの90デシベルに達すると、Apple Watchが通知を送信する。

さらに、Apple Watchをつけて行ったアクティビティを見ることができるiPhoneのアクティビティアプリケーションに、Trendタブが新たに搭載された。このタブにはアクティビティの長期的な動向が表示されるため、進捗状況を把握することができる。

このタブでは、アクティブカロリー、エクササイズの時間、ウォーキングのペースなど、主な測定値の上昇や下降の傾向が分かる。過去90日のアクティビティが、過去365日と比べて下降傾向にある場合、元の傾向に戻れるように、アクティビティアプリケーションがコーチングを提案する。

そしてApple WatchからApp Storeで直接アクセスできるようになった。他社製アプリケーションのインストールや、Siri、音声入力、指書き入力を使用してアプリケーションの検索ができるほか、Apple Watchの画面でも見やすいようにデザインされたアプリケーションの製品ページも用意されている。

また、デベロッパは、iOSアプリケーションがなくてもApple Watch上で単独で動作する、Apple Watch専用アプリケーションを作成できるようになる。

iPhoneのiOS 13も同日に発表されており、ダークモード、新たなサインイン方法、新たなマップなどが新機能として追加されている。

iOS 13搭載のiPhoneと、Watch OS6搭載のApple Watchの相互利用により使える機能も多く搭載されている。

Previous

tensorX、ノンプログラミングIoT・API連携プロトタイピングツール「Noodl」の日本展開を開始

DJIが、プログラミングを学びながら遊べる教育用ロボット「RoboMaster S1」を発売

Next