ソニー、機械学習を活用した予測分析ソフトウェア「Prediction One」を提供開始

近年、蓄積したデータをビジネスに活用しようという動きが企業を中心に加速しており、予測分析が注目を集めている。予測分析とは、統計アルゴリズムや機械学習を用いて過去の実績から将来の結果を予測するデータ分析手法の1つだ。一方で、予測分析をビジネス効率化や顧客価値の向上につなげるには高度な専門性を必要とするが、今後増えるニーズに対して専門家は不足しており、予測分析の導入の障壁となっている。

ソニー株式会社のR&Dセンターでは、数年前からソニーグループ内の金融やサービスを手掛ける多様な事業組織で予測分析の導入を進めてきた。実際の業務の中で使用することで、予測分析の自動化アルゴリズムやユーザーインターフェース、予測理由をはじめとした機能の改良を重ね、これらの取り組みを経て、専門外の人でも簡単に使える機械学習を用いた予測分析ソフトウェアを開発した。

今回、このソフトウェアをソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が「Prediction One(プレディクション ワン)」として法人向けに提供を開始した。

同ソフトウェアは、機械学習やプログラミングなどの専門知識がなくても操作できる、シンプルで直感的なユーザーインターフェースが特長の予測分析ツールだ。特別なシステムを必要とせず、ノートPCのような一般的な環境で動作し、数クリックの簡単な操作で予測分析を行うことができる。

最適なモデルの選択やデータの前処理に関する独自開発の技術により予測を行う。また、予測とともに、予測理由も合わせて提示されるため、分析結果の深い理解や、関係者への結果の説明のしやすさにつながる。

マーケティングや営業、人事、生産管理、顧客サポート、査定業務など、幅広い分野で活用でき、ソニーグループでは既に以下の活用事例がある。

  • ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社「ダイレクトマーケティングのROI向上」
    同ソフトウェアで顧客データを予測分析することで、顧客に対しより良いプランの提案を行っている。
  • ソニー損害保険株式会社「入電予測の精度向上によるシフト配置の最適化」
    同ソフトウェアによって、コールセンターへの入電数の予測精度を高めることで、オペレーターのシフト配置の最適化を行っている。
  • SREホールディングス株式会社「対面コンサルティング活動の効率化」
    従来は各営業担当者の経験にもとづいて顧客への連絡を行っていたが、同ソフトウェアで過去のコンサルティング実績データを予測分析することで、顧客それぞれにあったサービスの提案を、より適切なタイミングで行えるようになった。

同ソフトウェアは、当面は無料で提供され、有料化時期は決定次第発表される予定だ。

Previous

東京大学・オプテージ・シャープ、次世代移動体サービスに関する通信ネットワークのセキュリティ高度化等に向けた実証実験を開始

ゼンリンデータコム、TOFセンサによる屋内位置測位と画像認識技術を用いた 「接客行動の可視化・分析」の実証実験を実施

Next