ゼンリンデータコム、TOFセンサによる屋内位置測位と画像認識技術を用いた 「接客行動の可視化・分析」の実証実験を実施

株式会社ゼンリンデータコムは、株式会社ビジョナリーホールディングス協力の下、TOFセンサ(※)による屋内位置測位と画像認識技術を用いた「接客行動の可視化・分析」の実証実験を実施した。メガネスーパー店舗において2018年12月から2019年1月にかけて、延べ約1400人の来店客を対象に行った。

同実証実験では、カメラによる画像認識技術を利用し、店舗スタッフと来店客を判別するとともに、株式会社日立LGデータストレージが提供するTOFセンサを用いて、店舗内の人の位置を把握する。店舗スタッフと来店客の位置情報(移動・滞在)データから、店舗スタッフの接客行動を可視化し、売上との相関関係について分析した。そして、スタッフごとの接客行動と売上の相関関係から、動的待機などのどのような接客行動が購買につながるかを検証した。

ゼンリンデータコム、TOFセンサによる屋内位置測位と画像認識技術を用いた 「接客行動の可視化・分析」の実証実験を実施
来店客と店舗スタッフの動線データ
結果、取得した位置情報とPOS情報を紐づけ、購入者と非購入者のそれぞれに対する接客行動を可視化することで、これまで把握できなかったスタッフごとの接客行動の差が明らかになった。一例としては、売り上げる過程で、接客に非常に多く時間をかけるスタッフ、または、短い時間で効率的に売り上げるスタッフなど、客観的に各スタッフの傾向を把握することが可能であることが判明した。

今後は、引き続き実店舗での買い物体験の充実をテーマに、店舗における接客行動の改善や顧客の課題解決について、パートナー企業との実証実験などを経て、実用化への検討を進めていく予定である。

※ 発光した光が物体に反射して受信するまでの時間を測定し、空間上の物体の位置を把握するセンサー

Previous

ソニー、機械学習を活用した予測分析ソフトウェア「Prediction One」を提供開始

日立、VR技術を活用した昇降機事業エンジニア教育システムを本格導入

Next