ウフルが広島銀行と業務提携締結、IoT人材の育成・地域経済の活性化に貢献

株式会社ウフルは、株式会社広島銀行と広島県の公募事業「地域産業IoT導入促進事業実施業務」を共同で運営し、両社の知見や人脈を活用して地域経済の活性化を図るために、業務提携契約を締結した。

ウフルは、広島県の企業や自治体と多くのコネクションを有し、広島県発のイノベーション創出を推進する広島銀行と協業して、地元企業のIoT人材の育成および地域経済の活性化に貢献する。

なお、同取り組みは、2019年4月23日に発表された「広島県・広島大学・広島銀行・ひろしま産業振興機構・ひろしまベンチャー育成基金の新たな産業・事業者創出に向けた取組みに関する相互連携協定書」に基づいて進められる。

Previous

ルネサス、次世代AIチップに向けて低消費電力で高速にCNN処理を実現するAIアクセラレータを開発

プラススタイル、音やLEDで天気・スケジュール等を通知するスマート掛け時計「Glance Clock」を発売

Next