DISHが消費者向けスマートホームソリューションブランド「OnTech Smart Services」を発表

企業:

2019年6月17日DISHは、消費者向けのスマートホームソリューションブランド「OnTech Smart Services」を発表した。このサービスは2011年にDISH Smart Home Servicesとして始まり、当時は在宅技術者が衛星テレビの設置など、在宅技術関連サービスを行っていた。

OnTech Smart Servicesでは、Google Nest、Ring、Linksys、Wemo、Roku®、Yale、Polk Audio、Klipsch Audioなどと提携し、テレビの取り付け、ホームオーディオの設置、WiFiのセットアップなど、必要なスマートホームガジェットのセットアップを行い、それらのインストール、使い方の説明などを行う。

例えばOnTechからセキュリティカメラを購入すると、Smart Homeの技術者が配達をする。そして個々の家のレイアウトを把握し、ワイヤレスカメラが取得すべき情報を録画できる位置を考慮し配置をしていく。

また、モバイルアプリとの連携や使う方法を学ぶこともできる。

現在アトランタ、ダラス、デンバー、ヒューストン、カンザスシティ、ロサンゼルス、ニューヨーク、サクラメント、ソルトレイクシティ、サンフランシスコ、セントルイスの11都市でサービスが開始されており、今後新たな都市でのサービス展開を視野に入れている。

OnTech Smart Servicesのsenior vice president Nick Rossetti氏は、「スマートホームの利便性を求め、取り入れたいと思っているお客様も、最新のデバイスを最大限に活用するための時間やノウハウがないといったことがあります。私たちの目標は、人々をテクノロジーと結びつけ、人生を容易にするための技術をより身近にすることです。」と語った。

Previous

Comcastがテレビ用のアイコントロールを発表

アドバンテック、IoTプラットフォーム「WISE-PaaS」における共創パートナーの活用事例を紹介

Next