豆蔵の対話型AIエンジン「MZbot」、文書検索拡張機能を追加

昨今、クラウドストレージを導入する企業が増加し、社内で利用するオフィス文書の保管に関して、利用者個別での利便性は大きく向上している反面で、情報共有や情報活用の面では、目的のファイルが見つけにくいといった文書の検索機能に関する新たな課題が生まれている。

このような中、株式会社豆蔵ホールディングスの事業会社である株式会社豆蔵は、自社開発した対話型AIエンジン「MZbot」に、オフィス文書の検索を大幅に効率化する「文書検索拡張機能」を新たに追加し、2019年7月から提供を開始する。

同拡張機能を利用することで、複数のストレージに散在しているファイルを、指定時刻に自動的にクローリングし、「MZbot」に搭載されているAIがオフィス文書の内容から特徴的なキーワードを自動抽出して、内部にインデックスとして保持するため、普段使い慣れたチャット画面上から目的のファイルを簡単に探し出すことができる。

また、自動レコメンド(※)する仕組みによって、これまで利用者が気付くことができなかった文書間の繋がり、関連性が可視化されるため、社内に散在する情報資産に新しい価値を吹き込むことができる。

また、リンク先ファイルをダウンロードする方式(クライアント端末にコピーを置く方式)だけでは無く、ファイルへのアクセス権をファイルサーバ側の権限で厳格に管理したい顧客には、ファイルサーバ上のファイルを直接開く方式にも対応し、利用環境に合わせて選択することが可能だ。その際のアクセス権限は、ストレージ側の権限で制御される(スマートホンは非対応)。

動作環境は、Windows又はLinuxの64bitOSのみで、2019年7月時点の対応ファイルは以下の通り。順次対応ファイルが追加される予定だ。

  • テキストファイル(.txt)
  • PDF ファイル(.pdf)
  • Word ファイル(.docx)
  • Excel ファイル(.xlsx、.xlsm)
  • PowerPoint ファイル(.pptx)

文書検索拡張機能の価格は180万円(税抜)で、別途MZbotの導入が必要となる。

※ ユーザ属性に応じたレコメンド、複数のレコメンド方式を選択可能

Previous

IDC、5G対応携帯電話の普及速度は比較的緩やかであると予測

NEC、生体認証・映像分析事業の強化に向けて生体認証プラットフォームを7月から北米で提供開始

Next