総務省、IoTの安心・安全かつ適正な利用環境の構築に関する事業の委託先候補決定

総務省では、IoTの安心・安全かつ適正な利用環境の構築(IoT利用環境の適正な運用及び整備等に資するガイドライン等策定)に関する提案の公募を行った。

同事業は、様々な用途・環境で用いられるIoTシステムを用いた地域での実証を通じて、それぞれの場面に応じたIoTシステムで用いられる電波の特性を明らかにし、IoT利用環境の適正な運用及び整備等に資する電波の効果的な使用方法等の知見をとりまとめることで、電波の能率的な利用等に関する利用者のリテラシー向上を図り、「Society5.0」の実現に寄与することを目的とした事業である。

具体的には、様々な環境でのIoTシステムに関して、電波の能率的な利用を確保するため、適切な電波強度、システムの整備方法、コスト及び電波利用環境構築のデータ等を収集してガイドライン等としてとりまとめるために、地方公共団体、民間企業、大学、NPO法人等から成る地域の主体が行うIoTシステムの実証事業を行うものだ。

本年3月15日から4月12日までの公募に、21件の提案があった。今回、外部有識者による評価会の結果を踏まえ、以下の6件が委託先候補として発表された。

  1. 国立研究開発法人防災科学技術研究所
    Society5.0社会実現に向けた多様な自然環境下でのIoTの適切な利用環境の構築事業
    主な実施地域:北海道標津町他
  2. 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
    微気象ネットワークを活用した梨ナビゲーションシステム構築・普及事業
    主な実施地域:千葉県千葉市他
  3. Wireless City Planning株式会社
    自律走行ロボットエレベータ連携実証事業
    主な実施地域:東京都港区
  4. 三条市
    熟練技術の継承に資する指導用システムの構築と評価
    主な実施地域:新潟県三条市
  5. 株式会社Future Dimension Drone Institute
    中山間地域における大型ドローンの目視外・補助者なしによる安心・安全かつ効率化されたIoTシステム構築実証
    主な実施地域:岡山県和気町
  6. アイオーネイチャーラボ株式会社
    シカ等侵入防護柵の点検自動化に向けたIoTシステムの実証事業
    主な実施地域:宮崎県東臼杵郡美郷町

出典:総務省ホームページ

Previous

住友商事、ローカル5Gの実験試験局免許取得および実証実験を開始

ディープラーニングの社会実装を阻むものは何か ─DLLAB 2019 基調講演

Next