CMC、店舗の在庫レス化・無人化につながる「VRショールーム」を展示―店舗運営EXPOレポート

VR技術を活かしたショッピングは、在庫を抱える余裕がない、あるいは接客のための人材を抱える余裕がない小売業にとってソリューションとなる技術だ。
特に過疎化した地方での小売業には、輸送の問題や人手不足を解消する手段となり得るだろう。

2019年6月19日~21日に東京ビッグサイトにて開催された「店舗運営EXPO」において、CMCの「VRショールーム」が展示されていた。

CMCはICTやクラウドサービスを提供し、マーケティングのサポートを行う企業だ。

今回、CMCが展示していた「VRショールーム」とは、無人店舗や在庫レスの店舗を検討する小売業に向けて、買い物客がVR空間で商品を確認し、好みに応じてカスタマイズもできるソリューションを提供するものだ。

会場では係員の方に、専用ゴーグルを付けて実演してもらった(トップ画像)。

会場展示では「車の車種や色を選んで購入する買い物客」という設定で演じてもらった。ゴーグルを付けた係員の後ろに見えるモニターが購入中の様子だ。

購入する際はゴーグルを付け、手を左右に振るだけでコマンドの選択ができた。

CMC、店舗の在庫レス化・無人化につながる「VRショールーム」を展示―店舗運営EXPOレポート
画面上には車の色を選択する様子が映っていた
この「VRショールーム」には展示されていた「常設型VR」と「ポータブル型VR」の二種類があるという。

「常設型」はモーションキャプチャー機器を活用しているため、トップ画像の通りコントローラ無しで操作することができる。

「ポータブル型」はBluetoothコントローラにより、スマートフォンでの操作ができるとのことだ。

CMCによれば、「常設型」ではVR体験中のログデータを抽出することもできるという。このデータを利用し、ユーザーの好みを把握することで、メルマガ配信などの販促・誘引施策ができるとのこと。

CMCは「VRショールーム」を店舗の在庫レス化や省力化だけでなく、店舗のマーケティングにもつなげていく様子だ。

Previous

ディープラーニングの社会実装を阻むものは何か ─DLLAB 2019 基調講演

LEGO Educationが実社会につながるSTEAM教材を展示 ー第10回教育 ITソリューション EXPOレポート

Next