福井県永平寺町、郵便局を拠点としたデマンド型運行に取り組む―スマート・モビリティ・チャレンジ・シンポジウム・レポート2

電動カートの積み込みができる自動運転車

取り組み構想の2つ目は、電動カートを積み込みできる自動運転車の走行だ。

地方に住む高齢者のなかには、公共の交通機関を利用したいと思っても、そもそも駅や停留所まで移動するのが難しい、という悩みを抱える人もいるだろう。

そこで永平寺町が考えたのは、一人乗り用の電動カートを積み込むことができる自動運転車の走行である。これならば高齢者でも自宅から停車場まで移動できるようになる、と河合町長は語る。

福井県永平寺町、郵便局を拠点としたデマンド型運行に取り組む―スマートモビリティ・チャレンジ・シンポジウムレ・ポート2
電動カートを積載できる自動運転車の実証実験

この自動運転車の運行については、永平寺町では既に4月より実証実験を開始しているとのこと。

次ページは、「在宅医療への活用も構想中

Previous

近鉄グループ、観光地型MaaSの推進に向けた取り組みを伊勢志摩エリアで開始

中国版スマートホームは当たり前化目前か 激化するプラットフォーム覇権争い -CES Asia 2019レポート2

Next