TED、AI外観検査を低コスト・短期間で実現するAIプラットフォーム「TAiVIS」を提供開始

現在生産現場では、不良品の流出防止のため、さまざまな検査システムを導入しているが、判定精度の継続的な向上や過検出などが課題となっており、これらの対策として目視検査を併用している。

そこで、東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)は、AI外観検査を低コスト、短期間で実現し、企業の生産性向上に貢献するAIプラットフォーム「TAiVIS(タイビス)」の受注を開始した。

TAiVISは、FA PCや外観検査アプリケーション、産業用カメラ、照明等で構成されており(産業用カメラ、照明等はオプションにて対応)、ディープラーニングの識別技術を生かして、カメラで撮影した検査対象物の画像の特徴から良品・不良品の判定(推論)を自動で行う。

そのため、個体差がある製品の検査や汚れや色ムラを見る官能検査、過検知の判断など、これまで目視検査に頼っていた判定を自動化し、省人・省エネに貢献する。AIによる学習を繰り返すことで、不良品の判定精度も向上するという。

また、複数の検査対象物を個別に推論処理(検査)するTED独自の技術により、複数の製品が流れてくるラインで検査が可能になり、システム導入や運用のコストの削減と、検査効率の向上に寄与する。他の主な機能・特徴は以下の通り。

  • エッジでの推論に特化した外観検査アプリケーションを搭載
  • CPUと内蔵GPUの活用による高速推論処理
  • カメラ画像のキャプチャ機能による学習用素材の収集
  • AI推論の判定結果と画像の保存、統計情報の取得
  • 2台のカメラによる複雑な物体の判定
  • 外観検査アプリケーションのセミカスタム対応(有償)
  • 産業用途、組み込み用途向け量産対応
  • Microsoft Azure 各種サービスと連携したソリューションの提供(有償)

TEDは今後、製造業や食品、医療、自動車、産業機器において、2022年までに10億円の販売を見込んでいる。

Previous

中国で社会実装され始めた5Gのユースケース ーMWC上海2019レポート1

矢崎エナジーシステム、タクシーメーターを活用したクラウドサービス「TAXI-Cloud」を発売

Next