+Style、AI搭載のアロマディフューザー「Scentee Machina」を発売

プラススタイル株式会社は、IoTショールーム「+Style」で、スマートフォンアプリと連携して気に入った香りを噴霧できるScentee株式会社のAI搭載アロマディフューザー「Scentee Machina」を、本日から販売開始した。

AIが埋め込まれた「Scentee Machina」は、使用履歴から好みの香りを分析して噴霧する(※1)。アプリ「Scentee」により、全ての操作がスマートフォンで行うことができる。噴霧時間を設定できるタイマー機能のほか、香りの変更(※2)、香りの強さの調整、ON/OFF、フレグランスボトルの残量設定が可能だ。

一般的なアロマディフューザーが製品上部から噴霧するのに対し、同製品は製品下部からナノレベルの超微粒子サイズで噴霧する。壁や家具、衣服に香りが付きにくく、その時々の香りを約20畳の広さまで楽しむことができる。アロマは、調香師と共同開発した12種類のオリジナルフレグランスを、Scentee Machina専用フレグランスボトルに封入している。

種類は、1本のボトルを設置する「Scentee Machina UNO」と、4本のボトルを同時に設置できる「Scentee Machina Quattro」がある。

+Style、AI搭載のアロマディフューザー「Scentee Machina」を発売

+Style、AI搭載のアロマディフューザー「Scentee Machina」を発売

※1 2019年度内のソフトウェアアップデートを予定
※2 香りの変更は「Scentee Machina Quattro」のみ可能。

Previous

NEDO・NEC・NTTデータ・日立等、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムのAPI仕様書を公開

総務省、脆弱なIoT機器及びマルウェアに感染しているIoT機器の利用者への注意喚起の実施状況を公表

Next