LIGHTz、AIシステム開発の新事業所を佐賀市と有田町に開設

AI開発、AI実務適用支援、情報メディア開発、ロボット社会適用モデル開発などを手がける株式会社LIGHTzは、佐賀県佐賀市と有田町に新事業所を開設する。

同事業所は、本年10月に操業を開始し、「技能継承」領域をメインにAI実務適用支援事業を行う。

佐賀市と有田町では、LIGHTzが開発するAI「ORGENIUS(オルジニアス)」やIoTの技術を用いて、地元伝統工芸の名工やプロスポーツ選手の熟達者知見を取り入れたAIシステムの開発を行う予定とした。

Previous

生産技術向上から販路支援まで、農業をエンジニアリングする ―Trex Edge 池田氏インタビュー

KDDIとソフトバンク、5Gネットワークの地方展開を加速するため基地局資産の相互利用に合意

Next