総務省、IoT時代の電気通信番号に関する研究会報告書(案)に対する意見募集の結果及び報告書を公表

「IoT時代の電気通信番号に関する研究会」では、2018年12月から、電気通信番号に関して、M2M等による更なる需要の増大や多数の事業者による様々なサービス形態の進展に対応するための方策等について検討を行ってきた。

総務省は、同研究会で取りまとめられた報告書(案)について、2019年5月16日から6月14日までの間、意見募集を行った。今回、当該意見募集の結果を踏まえ報告書を取りまとめ、意見募集の結果と共に公表した。

出典:総務省ホームページ

Previous

IoTBASE、地図上にIoTデータを統合表示できる「スマートマップ」がIT導入補助金の対象ツールに認定

NTTレゾナントとデジタルハーツ、テストソリューション領域で協業開始

Next