akippaと名古屋グランパスエイト、スタジアム周辺の違法駐車等の低減に向けて駐車場パートナー提携

プロサッカーリーグ(Jリーグ)の加盟クラブの1つである名古屋グランパスのホームスタジアムがある愛知県は、乗用車保有台数が全国で第1位である。特に豊田市はトヨタ自動車の本社が位置していることもあり「クルマのまち」といわれている。

多くの来客が公共の交通機関で来場する一方で、家族連れなど車で周辺まで来場する客も多い。しかし、空いている駐車場が見つからず駐車場を探す車で渋滞が発生したり、スタジアム周辺で違法駐車・迷惑駐車が目撃されるようになった。

そこで、駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社と株式会社名古屋グランパスエイトは、駐車場パートナー提携に合意した。

同提携により、名古屋グランパスエイトは「日本一アクセスしやすいスタジアム」を目指し、akippaでのスタジアム周辺駐車場の貸し出しや、両社にて駐車場の新規開拓を行う。また、ファンサポーターは駐車場の事前予約ができ、試合日に確実に車を止めることができる。これにより、豊田スタジアム・パロマ瑞穂スタジアムの試合開催時における交通渋滞の緩和、また違法駐車・迷惑駐車の低減などアクセス改善に取り組む。

Previous

NTTレゾナントとデジタルハーツ、テストソリューション領域で協業開始

NTTドコモ、FETとドローンによる基地局点検サービスの共同実証プロジェクトを台湾で開始

Next