PTC、スマートコネクティッドPLMを実現する「PTC Windchill 11」を発表

PTCジャパン株式会社は、クローズループ製品ライフサイクル全体にわたり、より高いレベルの接続性とプロセス改善を実現するPLM(製品ライフサイクル管理)ソリューション「PTC® Windchill® 11」を発表した。

「PTC Windchill 11」により、ユーザー企業は、スマートコネクティッドプロダクツから実際の製品の使用状況や品質データを入手することができ、システムエンジニアリングプロセスの改善につなげることができる。また、膨大な製品情報ソースにすばやく且つ容易にアクセスすることができ、より緊密なコラボレーションと迅速な意思決定につなげることができる。

 

最新のIoTプラットフォームで実現されたPLM戦略を導入することにより、ユーザー企業はスマートコネクティッドプロダクツからのデータを活用した新たなビジネスモデルの推進、新たなサービスビジネスの創造、設計判断の向上等、ビジネスの可能性を最大限に広げることができる。

PTC Windchill 11はPTC ThingWorx™ テクノロジーを活用することでフィジカルな製品、Webベースのリソース、エンタープライズシステムを統合し、圧倒的なアクセス性、インサイト、価値を簡単に利用できる最新のユーザーエクスペリエンスを提供する。

 

PTC Windchill 11の特長

スマート

PTC Windchill 11は必要な製品情報を製品開発プロセスとのつながりを維持しながら、企業のあらゆる層の関係者に提供するものだ。具体的な拡張機能は以下の通り。
• ロールベースアプリケーション:ユーザーと、ユーザーが実行する作業に必要な製品情報にすばやくアクセス
• PTC Windchillサーチ:新たなマルチファセット検索機能により製品情報にすばやくフィルタを適用して必要な製品情報を特定

PTC、スマートコネクティッドPLMを実現する「PTC Windchill 11」を発表
PTC Navigate画面
 

コネクティッド

PTC Windchill 11は、運用されている製品からリアルタイムでIoTデータを取り出し、「ライフサイクル」のクローズループを形成する。
• OSLC(Open Services for Lifecycle Collaboration)標準:他システムとのより高度なコラボレーションや接続を実現するOSLC標準に対応
• 品質情報の統合:Windchill Quality SolutionsへのThingWorx Extensionからのアクセス
 

コンプリート

• 設計製造連携の強化:Windchill MPMLinkのアーキテクチャ刷新によるパフォーマンスの大幅な向上
• Creo 3.0の最新技術に対応:Unite TechnologyおよびDEX(設計検討案管理)への対応
 

フレキシブル

• PTC PLM Cloudとサブスクリプションモデルでの提供

 

【関連リンク】
パラメトリックテクノロジー(PTC / Parametric Technology Corporation)

Previous

富士通研究所、時系列データを高精度に分析する新たなDeep Learning技術を開発

ビジョン、海外用Wi-Fiルーターレンタル「グローバルWiFi®」をスマホキーで受け取れるスマートピックアップに、スマート宅配BOX ®を採用

Next