NTTデータ、AI分析モデルを活用した顧客資金ニーズ予測サービスの実証実験を実施

現在、信用金庫を含め金融機関では、資金利益の底上げを図るとともに、非資金利益の新たな獲得方法を模索している状況である。また、信用金庫の強みの1つである地域に根ざした「Face To Face」の渉外業務の強化が求められている。しかし、渉外業務の中で作成する訪問リストは、渉外員のスキルに依存して作成していることが多く、一律にアプローチできていない、ニーズを汲み取ったタイムリーな提案ができていないことが課題となっていた。

そこで、株式会社NTTデータおよび株式会社NTTデータ数理システムは、大阪シティ信用金庫と共同で、信用金庫の業務ノウハウより構築したAI分析モデルを使用した信用金庫向け顧客資金ニーズ予測サービスの実証実験を完了した。

同サービスは、信用金庫が持つ各種データをAIが学習し、資金ニーズが見込まれる取引先をAIが予測してリスト化することで、信用金庫が渉外活動時に必要となる訪問リストの作成を支援するサービスである。

信用金庫が持つ各種データを、クラウドセンターにアップロードするだけで、適切なAI分析結果を得ることができるという。信用金庫の取引先の資金ニーズ予測において、適切な予測結果を得るために必要なデータ・アルゴリズム・分析手法をパッケージ化しており、信用金庫ごとのデータ選定や個別の特徴量エンジニアリング等は不要だ。

同サービスを利用することにより、渉外員は効率的な顧客訪問が可能になり、またリストを使った能動的な提案活動により収益向上が見込まれる。また、AIが予測した資金ニーズの傾向を可視化することによる訪問先判断のノウハウが継承される他に、顧客の資金ニーズ予測に基づく営業活動を実践することによる取引先との親密度の向上が期待できる。

なお、同実験では、AIによる資金ニーズの予測と実際の融資実績を比較して、AIモデルの精度評価を実施した。顧客資金ニーズ予測リストを渉外活動に適用した場合の収益効果や業務効率化の試算、その他効果の確認を行った。結果、潜在顧客に対する見込み予測精度が従来の営業実績と比較して約3倍向上し、AI予測モデルの有効性が確認できた。

今後、NTTデータでは、サービスメニューとして法人の資金ニーズ予測から提供を開始し、個人向けのローン商品等のニーズ予測を順次追加提供するとともに、渉外業務の「訪問計画策定」「対面折衝」「折衝記録作成」「案件管理」等の、信用金庫の渉外業務を全方位に支援するAIサービスの提供にも取り組む方針である。

Previous

テキサス・インスツルメンツ、IoT設計でのバッテリ寿命の延長を可能にする新型電源スイッチング・レギュレータを発表

東洋建設とアイフォーコム・スマートエコロジー、IoT活用の海洋土木工事・港湾施設工事向け作業者みまもりサービスを共同開発

Next