ZMP、都市交通インフラの実証実験などMaaS戦略について発表

2019年7月23日、都内で開催されたZMPによるカンファレンス「ZMP World 2019」(7月23日~26日)内において、自動運転タクシーサービスなどZMPのMaaS(Mobility as a Service)戦略についての会見があった。会見では日の丸交通・JTBなどZMPのMaaS戦略に関わる企業も登壇した。

ZMPのMaaS方針と「Robocar Walk」

会見ではまずZMPの代表取締役社長・谷口恒氏よりZMPの全体的な事業ビジョンについての説明があった。その中で谷口氏はMaaS戦略については「公共交通が途切れている部分をつなぐ新たな移動手段を提供する」と語り、公共交通の維持発展と利便性向上に取り組んでいく方針を示した。

事業ビジョンの説明に続いて、自動運転モビリティ「Robocar Walk」(トップ画像)の発表があった。

「Robocar Walk」は、ZMPが宅配ロボット「CarriRo Deli」で培った自律移動技術およびコミュニケーションエンジンを応用し、空港、商業施設、観光地といった公共空間における移動を提供するもの。

会見では「Robocar Walk」の走行デモンストレーションが行われた。その中でZMP・谷口氏は、高齢者でも座りやすい形状のシートにしたことや、安全性を確保するためにドアを付けたことなど、移動困難を抱えるユーザーに向けたデザインであることを説明した。

さらに谷口氏はZMPの掲げるロボット・ミッションのひとつに「人の自立の支援」があることを強調し、「Robocar Walk」によって移動に不自由を抱える人々の外出を支え、移動の先にあるコミュニケーションの創出を目指すことを述べた。

次ページは、「日本のタクシー・サービス文化と自動運転技術の融合

Previous

生産拠点のグローバル化から国内生産の再評価へ ーものづくり白書2019

Spectee、企業のAI導入をサポートするプラットフォーム「SIGNAL」を提供開始

Next