NEC、杉並区で「スマート街路灯」の実証を開始、街路灯の管理効率化やリアルタイムな河川監視を支援

日本電気株式会社(以下、NEC)は、東京都杉並区で「スマート街路灯」の実証を2019年8月から2019年12月まで実施する。同実証を通して、杉並区における街路灯の管理効率化やリアルタイムな河川監視を支援する。

スマート街路灯は、無線通信機を用いた街路灯のネットワーク化により、街路灯の稼働状況を一元管理し、照明切れや搭載機器の故障への迅速・効率的な対応や、季節や天候、エリアに応じた1灯毎で照度を設定できる。また、カメラや各種センサーを装備することで、街に関する様々なデータを効率的に収集し、街の安全・安心や住民・来街者の利便性向上につながる分析が可能となる。

同実証では、既存の街路灯に後付けするだけでスマート化が可能なヘッドモデル型を採用し、照度変更に対応する照明、ネットワークカメラ、マルチセンサー(照度、温湿度、振動・傾斜)、水位センサーを杉並区内の善福寺川周辺など計12灯に設置する。

これにより、照明やカメラ映像からの水位、また各種センサーの状況を区役所内のパソコンから地図上で確認でき、異常時にはアラーム通知することで、早急な対処が出来るよう検証していく。

つながることで、にぎわう未来の街を見守る「NECのスマート街路灯」 [NEC公式]
Previous

IDC、スマートホームデバイス市場は2023年まで2桁成長と予測

mobby rideと丸紅が協業、電動キックボードシェアリング事業に向けた実証実験を実施

Next