NECとスターアライアンス、顔認証技術を活用した本人確認プラットフォームの開発で協業

日本電気株式会社(以下、NEC)と航空連合スターアライアンスは、NECの生体認証である顔認証技術を活用した本人確認プラットフォーム「Star Biometrics Hub(スターバイオメトリクスハブ)」の開発で協業する。また、スターアライアンスは同プラットフォームをもとに、アライアンス加盟社のフライトを利用する旅客のシームレスな搭乗手続きを実現するサービスを、2020年3月までに提供開始する予定だ。

同サービスによりスターアライアンス加盟社のフライト利用旅客は、事前に各社のモバイルアプリで顔画像とパスポート情報を登録し、モバイルアプリや空港のキオスク端末でチェックインを行うと、手荷物預け、ラウンジ、搭乗ゲートなどで、従来は実施していたパスポートと搭乗券の提示が不要となり、顔認証による本人確認で通過できるようになる。

これにより、各手続きでの旅客の待ち時間を短縮しスムーズな搭乗を実現、空港および航空会社職員の業務効率化にも貢献する。

なお空港によっては、保安検査や出国審査でパスポートの提示を求められる場合もある。また、同サービスは、生体情報の使用に同意し登録した旅客が利用できるもので、旅客の顔画像や個人情報は暗号化され、プラットフォーム内に安全に保存される。各国の情報保護の法令や規則に沿って設計され、旅客の同意なしに個人情報を使用することはない。

今後、スターアライアンスとNECは、同プラットフォームを空港の他、ホテルや商業施設、レンタカーなどの様々なサービスでも利用できるように展開し、生体情報を共通IDとしたシームレスな旅行体験の実現を目指すとした。

Previous

IoT人気記事ランキング|身体を傷つけずに神経活動を可視化する脊髄磁界計測システムを用いた生体磁界計測など[7/22-7/28]

NEC・MXモバイリング・クレセントが5G時代の新ビジネス創出に向けた共創プロジェクト、未来の遠隔教育の体験学習を提供

Next