ストラタスがOpen Process Automationフォーラムに参画、産業用エッジコンピューティングの標準策定を支援

The Open Groupは、テクノロジー標準の策定を通じて企業の目標達成を支援するグローバルコンソーシアムだ。さまざまな業界のエンドユーザー、システム / ソリューションプロバイダー、ツールベンダー、インテグレーター、学術機関、コンサルタントをはじめ、700を超える多数の企業や団体が参画している。

今回、オートメーションエコシステム向けエッジコンピューティングソリューションを提供するストラタステクノロジー(以下、ストラタス)は、The Open GroupのOpen Process Automationフォーラム(以下、OPAF)に参画し、産業分野の企業向けの次世代エッジコンピューティングの標準策定を支援していくことを発表した。

OPAFは企業組織がオープンテクノロジー標準を活用してビジネス目標を達成できるように、標準ベースのオープンかつ安全で相互運用可能なプロセス制御アーキテクチャを提供することをミッションとしている。OPAFには、シェブロン、エクソンモービル、ダウ・ケミカルをはじめとする装置産業界の企業、システムインテグレーター、サプライヤー、統合分散制御システム(DCS)ベンダー、学術機関、そして標準化推進団体などが参画している。

ストラタスは、今後、他のOPAFメンバーとの連携を通じ、エッジにおいてデータを実用的なインテリジェンスへと変化させることで、デジタルトランスフォーメーションの真価を引き出すとした。

Previous

NEC・MXモバイリング・クレセントが5G時代の新ビジネス創出に向けた共創プロジェクト、未来の遠隔教育の体験学習を提供

西鉄グループとYE DIGITAL、「スマートバス停」の普及に向けたビジネス共創パートナーを募集

Next