カラフル・ボード、IBM Watson日本語版を用いたファッション人工知能アプリ「SENSY」のデモを公開

ファッション人工知能「SENSY」のサービスを運営するカラフル・ボード株式会社は、ソフトバンク株式会社が日本アイ・ビー・エム株式会社と共同で構築・提供するIBM Watsonエコシステムプログラムの初期エコシステムパートナーとして、「SENSY」のアプリケーション内でIBMコーポレーションのコグニティブ・システム「IBM Watson」の日本語版を活用したイメージを2016年2月18日に発表した。

 

IBM Watsonを活用した「SENSY」概要

IBM Watson日本語版のAPIを用いることで、ファッション人工知能「SENSY」は、自身の好みを理解した人工知能と自然な会話やチャットをしながらのファッション相談が可能になる。(随時実装予定)

IBM Watson日本語版を活用「SENSY」デモ

 

アプリインターフェース ※下記、イメージ(随時、実装予定)

1人1人の好みを理解する人工知能「SENSY」は、下記のような「もう少し明るめ」や「春物」などの曖昧な言葉もパーソナルに理解し、その人の好みに合わせて、ファッションアイテムを提案していく。

カラフル・ボード、IBM Watson日本語版を用いたファッション人工知能アプリ「SENSY」のデモを公開

カラフル・ボード、IBM Watson日本語版を用いたファッション人工知能アプリ「SENSY」のデモを公開

 

【関連リンク】
カラフル・ボード(COLORFUL BOARD)
ソフトバンク(SoftBank)
アイビーエム(IBM)

Previous

モノのサービス化をメーカーと一緒に考える – ニフティ モバイル・IoTビジネス部 佐々木氏、市角氏インタビュー

IBMとソフトバンク、IBM Watson日本語版を提供開始

Next