サイレックス・テクノロジー、有線ケーブルの無線化を実現する低遅延ワイヤレスコンバータ「SC-400ACL」を発表

近年、IoTの普及により、工場の製造現場では膨大な数のセンサや製造機器などをネットワークに接続し、リアルタイムで制御することが求められている。これまではリアルタイム性を確保する目的で、PROFIBUSやModbus-RTU、CC-Linkなど、さまざまなフィールドバスが使われてきたが、工場設備やIT/OTシステム間の統合等を目的に、より高速なEthernet/IPやPROFINET、EtherCAT、Modbus-TCPなど産業用Ethernetがシェアを伸ばしている。

しかし、無線接続は有線接続よりもパケットのロスト率が高く、再送による遅延が発生する。ワイヤレス規格の制限により発生する、遅延、ジッタ(ゆらぎ)に対して、データ伝送の欠損を抑えながら、安定的に通信を行うことが課題であった。

このような中、サイレックス・テクノロジー株式会社は、主に産業・医療・測定機器メーカを対象に、当該分野で多く使用されている、RS-422/RS-485、および、Ethernetの省配線化を実現する低遅延ワイヤレスコンバータ「SC-400ACL」を発表した。

同社は、一般的なWi-Fi Chipを独自技術で制御して、遅延・欠損・ジッタの3要素を最適化・低減化するLow Latency Wireless (以下、LLW)技術を開発し、今まで置き換えが難しいとされてきた、有線ケーブルの無線化を実現した。LLWは、FA機器や計測器など産業用ネットワーク分野以外にも、緊急対応、医療ネットワークなど時間にクリティカルな用途にも応用できる技術だ。

SC-400ACLでは、この技術のショーケース製品として産業機械や医療機器にも多数実績のある、IEEE 802.11ac対応のインテリジェント無線LANモジュール「SX-590」をベースに、低遅延を実現する無線LANドライバとRS-422/RS-485シリアル通信に適応することで、配線工事やレイアウト変更等でのケーブル敷設の煩わしさを軽減すると共に運用コストを削減する。

Previous

NECが空飛ぶクルマの管理基盤構築に着手、試作機の浮上実験を実施

NEC、多種多様なデータの意味を推定するAI技術「データ意味理解技術」を開発

Next