ソニー、Google アシスタント・Alexa対応のワイヤレススマートスピーカー「SRS-XB402G」と「SRS-XB402M」を発売

ソニー株式会社は、広範囲に響く重低音が特長であるWi-FiとBluetooth接続対応のXTRA BASS(エクストラベース)シリーズのGoogle アシスタント搭載「SRS-XB402G」と、Amazon Alexa搭載「SRS-XB402M」の2機種のスマートスピーカーを8月31日に発売する。主な特長は以下の通り。

  • 広範囲に響く重低音と「ライブサウンド」モード
  • 直径約53mmのフルレンジスピーカーユニット2基は、振動板にソニーのオーディオ機器の上位モデルにも使われている発泡マイカ、エッジ部に新開発のハイブリッド素材を使い、重低音を実現している。また、広範囲に音が響くように、角度をつけて各ユニットを配置した。低域を増強するパッシブラジエーターを前面と背面に1枚ずつ搭載したほか、クリアで力強い音が広がりやすくなるように、開口部の広いグリルフレームも使用している。

    さらに、楽曲に収録された余韻や歓声、拍手などをデジタル信号処理でスピーカーの縦・横に効果的に拡散し、より広い音場を実現する「ライブサウンド」モードを本体のボタンから起動できる。加えて、曲に合わせてまばゆく光るストロボフラッシュや自動的に変化するマルチカラーのトリプルラインライトで、ライブ会場のような臨場感を演出している。ソニー、Google アシスタント・Alexa対応のワイヤレススマートスピーカー「SRS-XB402G」と「SRS-XB402M」を発売

  • 声だけで手軽に音楽再生・情報取得・対応機器操作
  • SRS-XB402GはGoogle アシスタント、SRS-XB402MはAmazon Alexaを搭載している。Wi-Fi接続時には、話しかけるだけで音楽配信サービスから楽曲を再生できるほか、天気やニュースなどの情報取得、スケジュールの管理、アラームやタイマーの設定、対応するテレビやオーディオ機器、IoTデバイスなどのコントロールができる。

  • IP67の防水・防塵性能と防錆性能に対応、最長12時間再生できる内蔵バッテリー
  • IP67の防水・防塵性能に加え、防錆性能でさびに強いため、お風呂やキッチンなどはもちろん、キャンプやバーベキューのほか、海辺や砂浜でも使用できる。汚れた時には水洗いも可能である。また、最大12時間再生ができるバッテリーを内蔵している。

なお、SRS-XB402GとSRS-XB402Mともに、市場推定価格は27,000円前後(税抜)である。

Previous

三菱電機、人・物の識別や行動把握を実現するサーマルダイオード赤外線センサー「MelDIR(メルダー)」を発売

DNPデジタルソリューションズ、店頭の什器でデジタルコンテンツによる演出を実現するプロモーションツール「DNPデジタルショーケース」を開発

Next