ニュアンスのオートモーティブ部門が独立、新会社名「Cerence Inc.」を発表

ニュアンス・コミュニケーションズ(以下、ニュアンス)は、2019年10月1日に分社化予定のオートモーティブ部門の新会社名を「Cerence Inc.」(以下、セレンス)と発表した。

セレンスは、オートモーティブ・ソフトウェア企業として独立し、自動車のユーザーがより満足できる、安全で、情報に満ちた、車内での楽しい時間を提供する没入型エクスペリエンスを実現することを目指す。音声、タッチ、ジェスチャー、感情、視線などの認識技術のイノベーションを結合することで、ドライバー、自動車、デジタル世界の間により深いつながりを築くとした。

Previous

三井不動産など、LoRaWAN対応のIoTセンサーを柏の葉エリアに設置し気温・湿度を観測

GMOグローバルサイン、IoTデバイスのセキュリティ強化を行うサポートプログラムをグローバルで提供開始

Next