アトムテックジャパン、AI活用の冷却技術で快適な温度を保つスマート服「Smart Cool Jacket」のクラウドファンディングを開始

アトムテックジャパン株式会社は、温度センサー情報とAI技術を使用した独自冷却技術SiCS(※)で暑い中でも快適な温度を保つスマート服「Smart Cool Jacket」のクラウドファンディングを開始した。

Smart Cool Jacketは、SiCSとAI技術で実現したスマート服である。温度センサー情報とAI技術により体に合わせて自動で温度を調整するほか、スマートフォンアプリを利用すれば出力調整、温度やバッテリー残量を確認することができる。また、タイマーを利用することで一定時間後に自動停止することができ、冷やしすぎによる体調不良などにも役立つ。

また、袖部分はファスナーで接続しているため、自分のスタイルに合わせて、袖あり、半袖、袖なしを自由に切り替えることができる。背後の冷却システム部分を入れ替えることで、上着としても利用可能だ。その他の特長は以下の通り。

さらに、一回の充電で40度の炎天下環境に25度を4時間維持することが可能で、背部のSiCS冷却システムを取り外すと丸洗いができるという。

※ SiCS(Silicon Cooling System)は2つ性質の異なる半導体のセグメントを直列接続し、熱の吸収および放出することで、冷却の目的を実現した。

Previous

あいおいニッセイ同和損保・野村総合研究所・SCSK・富士通・日本IBMなど、テレマティクス技術を活用した事故対応システムの提供を開始

スマートバリューと野村證券、モビリティ向けIoTプラットフォームを活用したフリートソリューションサービスを全国の営業店に導入

Next