2015年、バックトゥーザフューチャーの世界はどこまで実現できたか?

1989年に発表されたバックトゥーザフューチャー パート2で描かれた近未来2015年。

当時ワクワクしながら見ていた近未来の世の中。

全部実用化されているわけではないけど、どんどん形になってきている。

IoT社会ではこんな SFのような世界が実現していくのです。

 

生ゴミを燃料にして走る車

バイオ燃料という形で、実現しています。

2014年7月から、いすゞ自動車と、ミドリムシの研究で知名度のあるユーグレナが共同で、「DeuSEL」という燃料を生み出してます。

バイオエネルギー

DeuSELは、ミドリムシが作る、経由に似たバイオエネルギーで、それを活用したバスが実際に湘南台駅ー藤沢工場間を運行しているとのこと。
DeuSEL特設サイト

 

天気予報がわかる時計

科学者ドクが、「そろそろ雨が降るな」と時計を見るや、土砂降りになったシーン。

Apple Watchで天気予報がわかります。

applewatch

スマートフォンで、「雨雲が近づいてきています」というアナウンスをスマートフォン受けることもあると思いますが、映画より少しだけ現実の方が進んでますね。

こういったスマートフォンアプリは実は多くあるので、ダウンロードしておくといいでしょう。

 

拡張現実ヘッドセット

これも、ほとんど同じ感じでできている。

ついに、2016年の第一四半期でリリースが決まった、Oculus®。

oclus

oclus

拡張現実という世界は、視覚だけでなく聴覚や触覚にもある。

 

Oculus
これからこの分野はますますの発展するだろう。

 

近未来を描いた映画、Back to the future。

近未来はすでに現実のものとなってきている。

これらの機器が独立したデバイスとしてだけでなく、IoTとして、インターネットに接続し、相互に情報を伝達しあうことで、さらなる付加価値が生まれることは間違いない。

追記:ホバーボートの件が間違っていたようなので記事から削除いたしました。

Previous

空飛ぶGoPro 新しいドローンの形Sprite™

IBM XCITE SPRING2015 グランドプリンスホテル新高輪

Next