「空飛ぶクルマ」実用化に向けてエアモビリティ株式会社を設立

昨今、空の移動革命という言葉がメディアでも取り上げられるようになり、滑走路がいらない空飛ぶクルマは、既存のインフラに縛られることなく「点から点へ」という最短距離の移動が可能になるという。

今回、空飛ぶクルマの販売及び関連インフラの整備、関連サービスの構築・提供などを行うことを目的としてエアモビリティ株式会社が設立された。また、小型航空機eVTOLのメーカーであるイギリスのVRCOと日本における独占販売権を締結した。

エアモビリティの代表取締役社長である浅井 尚氏は、VRCOの取締役に就任し、今後VRCO事業の統括に貢献する。

Previous

京急電鉄・NearMe・サムライインキュベート、配車AIを活用したオンデマンド型シャトルの実証実験を開始

アクセルラボ、不動産Techプラットフォーム「SpaceCore」正式版を提供開始

Next