アットマークテクノ・コアスタッフ・Seeed、IoTセンサー技術「Degu」の新しいラインアップ「Degu-IoTエントリーパック」を発売

株式会社アットマークテクノ、コアスタッフ株式会社、Seeed株式会社は、IoTセンサー技術「Degu(デグー)」の新しいラインアップ「Degu-IoTエントリーパック」を発売することで合意、2019年8月23日より、コアスタッフが運営するオンラインショップ「ITストア」他で販売開始する。

Deguは、2019年3月に発足したオープンソースプロジェクトである。センシング機能と通信機能を搭載したIoTセンサー「Deguセンサー」を使ってIoTの「Things(モノ)」の情報をスムーズに収集する方法を、オープンソースで公開している。

Deguセンサーは、専用のキットを使って容易に作ることができる。また、パブリッククラウド(AWSなどのIoTプラットフォーム)とDeguゲートウェイ経由で連携し、収集したセンシングデータをパブリッククラウド上のIoTハブにアップロードすることができる。

今回発売するDegu-IoTエントリーパックには、Deguセンサーでのセンシングからパブリッククラウドへのデータ連携までの一連の流れを実現するときに必要となる以下の3つのものが含まれている。

  1. Seeed製 Deguベースボード(型番:114991966、価格:税別5,900円)
  2. センシングデータをDeguゲートウェイに送信する役割を担う、Degu専用のマイコンボードである。従来製品の「Deguベースユニット」と同等の機能を持つボードで、Seeedが展開する「Groveモジュール」を接続することにより、センサーやアクチュエーターなどを実現する。

    また、Groveセンサーで収集したセンシングデータをDeguゲートウェイに送信する前にベースボード上で加工処理を行うこともできる。

  3. アットマークテクノ製 DeguゲートウェイA6(開発セット型番:A6403-D10Z、価格:税別29,800円)
  4. Deguセンサーとパブリッククラウド(AWSなど)のデータ通信を中継するIoTゲートウェイである。LAN対応のシンプルな構成で、必要なケーブルなどのオプション品を含む「開発セット」の他、量産時に便利な本体のみの「量産品」もラインアップされる。

  5. Seeed製 Groveスターターキット for Degu(型番:110061002、価格:税別5,800円)
  6. 照度センサー、温湿度センサー、3軸加速度センサー、接点入力など6種類のGroveモジュールとケーブル類を含むセットである。各GroveモジュールのサンプルコードはGitHubで公開されており、Deguと接続してすぐに使うことができる。

なお、コアスタッフはDegu IoTエントリーパックを、従来の「Degu IoTトータルパック」の約6割弱となる41,500円(税別)で提供する。

Previous

東急電鉄とJR東日本等、伊豆での「観光型MaaS」実証実験Phase2を実施

NECなど、複数のAIが互いの利害を自動調整するための検証環境が国際業界団体「IIC」から承認

Next