電通と大阪大学、「行動データ駆動型ビジネスのELSI領域」のルール整備等を検討する産学共創プロジェクトを開始

近年急速に進むサイバー空間上の各種データを活用するビジネスをめぐって生じる新たな倫理的・法的・社会的課題(以下、ELSI)領域での課題解決に向けて、株式会社電通と国立大学法人大阪大学は、ルール整備等について検討する、産学共創プロジェクトを開始する。

今後データビジネスが健全に成長するためには、産業界におけるデータ流通に関して、市民社会の理解を得るための適切なルール整備が不可欠であるとの課題感から、産学共創によって公共性を担保された形で整備を進めることを目指す。

同プロジェクトでは、電通が大阪大学データビリティフロンティア機構に対して研究題目「行動データ駆動型ビジネスのELSI」を委託し、産業界で当該ビジネスに携わる企業と、学術界でELSI関連領域に携わる研究者の共同検討の場を設置・運営し、将来的なルール策定を目標に、その準備作業を実施する。また、同検討の進捗については、シンポジウムなどの形態で広く産業界、学術界および市民に報告するとした。

Previous

パナソニック、スマートスピーカーから家中の照明をコントロールできる配線器具「アドバンスシリーズ リンクモデル」の新製品を発売

トッパンフォームズとブルーイノベーション、棚卸作業のオートメーション化ソリューションの 開発・展開に関する協業に合意

Next