NTTレゾナント、「goo botmaker」でAIチャットボットサービス「日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿」を開始

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社は、AIチャットボットサービス「goo botmaker(グーボットメーカー) 」とマンガアプリ「マンガほっと」で連載中のイマジニア株式会社のオリジナル漫画「酒男子」がコラボレーションした「日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿(ときつばき)」を2019年10月1日よりLINEにて提供開始する。

これに伴い、日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿の育成プロジェクト「酒男子熟成委員会」を開始した。チャットボットの育成ができるサポーターをユーザーから募集している。チャットボットの育成は無料で参加できる。

日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿は、マンガほっとで連載中の酒男子とコラボレーションしたAIチャットボットサービスである。酒男子は、日本酒を擬人化した酒男子である「朱鷺椿」が、主人公の「雪」によって育成されていく漫画である。この漫画のストーリーのようにgoo botmakerでは酒男子熟成委員会というプロジェクトの下、ユーザーから募集したサポーターが日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿を育成していく。

サポーターが育成画面から日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿の応答パターンを登録すると、承認された応答パターンのみAI対話エンジンへ反映される。サポーターは、自分の日本酒の知識が日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿を通じて、多くのユーザーに提供される楽しさを体験できるという。ユーザーは日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿との雑談を通じて日本酒の知識を得ることができ、日本酒の選び方や飲み方を学ぶことができる。

NTTレゾナント、「goo botmaker」でAIチャットボットサービス「日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿」を開始
育成画面
NTTレゾナント、「goo botmaker」でAIチャットボットサービス「日本酒コンシェルジュAI朱鷺椿」を開始
会話画面
Previous

NTTデータ、レジ決済無しで商品を購入できるデジタル店舗出店サービスを提供開始

KDDI、3Dホログラムなど法人向け5G対応ソリューションを発表

Next