シャープ、サムスン電子とLTE特許ライセンス契約を締結

シャープ株式会社は、モバイル機器を提供するとともに、W-CDMAやLTE、LTE-Advanced、5Gなどの無線技術やネットワークに関する研究開発、および特許出願に取り組んできた。そして、W-CDMA、LTE、LTE-Advanced、および5G規格に関する6,000件以上の必須特許を保有している。

今回、同社は、SAMSUNG ELECTRONICS CO., LTD.と、LTEを含む無線通信規格必須特許のライセンス契約を締結した。

同社は、今後も5Gなど無線技術やネットワークに関する基幹技術の研究開発を通じて、事業ビジョン「8K+5GとAIoTで世界を変える」の実現に取り組む。

Previous

東芝デジタルソリューションズ、制御システム向けサイバーセキュリティ・プラットフォーム「CyberX Platform」販売開始

東芝、ミリ波レーダーを活用して衣服に隠れた危険物を可視化する電波イメージング技術を開発

Next