マクニカがシーメンスの「MindSphere パートナープログラム」に参加、AI/IoT活用のスマートファクトリー実現に向けた新サービスを提供

2011年にドイツ政府がハノーファーメッセでインダストリー4.0を発表し、ヨーロッパを中心に製造現場の生産性向上や品質の安定、市場や環境の変化に応じた最適な生産を行うマスカスタマイゼーションに向けたスマートファクトリーの普及が進んでいる。しかし、日本国内の製造業ではデータ収集や分析といったAIやIoTに関する技術、導入計画の策定などのノウハウが不足しており、スマートファクトリーの実現が他の地域に比べて遅れをとっているのが現状だ。

このような中、株式会社マクニカでは、AI/IoTを活用した工場のスマートファクトリー化を実現するソリューションを提供してきた。そして今回、シーメンスの「MindSphereパートナープログラム」にゴールドパートナーとして参加し、日本国内外の製造業におけるスマートファクトリー実現に向けた新たなサービスを提供する。

「MindSphereパートナープログラム」に参加することで、自社サービスにオープンIoTオペレーティングシステムMindSphereを組み込むことができ、クラウドでのサービスを提供することができる。MindSphereは、シーメンスが開発するクラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステムであり、製品、プラント、システム、そしてマシンをつなげ、IoTが生成する膨大なデータの活用と高度な分析を可能にする。

マクニカでは、製造業のスマートファクトリー実現を目指している企業を対象に、MindSphereおよびGateway製品の提供に加え、マクニカが製造業向けに開発したものやシーメンスが提供するアプリケーションなどを活用した、新たなサービスの提供を開始する。

同サービスは、スマートファクトリーの導入計画策定を始め、設備やヒト・モノからのデータ収集・分析・可視化、AIや機械学習などのアルゴリズムの生成、システムの構築・運用、システムメンテナンスなどのアプリケーションをパッケージ化したものだ。

同サービスを導入することで、製造ラインの不良原因分析による歩留まり改善、設備の異常検知や故障・劣化予測などの予知保全、さらにAIを活用した外観検査など、設備や工程などの課題をトータル的に解決することができ、生産性の向上、品質の安定、そして工場全体の最適化を実現する。

一方、工作機械を中心とした産業機器メーカーには、MindSphereをプラットフォームとして単体提供する。これにより、産業機器メーカーは製造業向けに同プラットフォームをベースとした独自サービスを構築・提供することができる。マクニカはオリジナル製品であるエッジコンピュータSENSPIDERやAIアルゴリズムを併せて提供することで支援する。

Previous

ダイキン、IoTを活用した業務用空調機のドレンパン遠隔点検サービス「Kireiウォッチ」を発売

レノボ、様々な使用環境に対応したIoTエッジ・サーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を提供開始

Next