センスウェイのIoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」、AWS IoTとの連携機能を追加

センスウェイ株式会社は、IoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」を提供している。「SenseWay Mission Connect」は、IoTに必要な通信である長距離・低消費電力のLPWAのLoRaWANを使ったIoTプラットフォームサービスだ。センサーから集めたデータを利用するため、顧客システムとの連携に、センサーデータの通信プロトコルであるMQTT、MQTTSや、 Azure IoT Hubとの連携機能を提供してきた。

今回、「SenseWay Mission Connect」にアマゾンウェブサービス(以下、AWS)のIoT機器向けクラウドサービスAWS IoTとの連携機能を追加し、本日から提供開始した。これにより、AWS IoTの豊富な機能を活用した迅速なIoTシステムの開発・運用が実現可能となる。なお、「SenseWay Mission Connect」通信費用に同サービスのオプション費用が含まれている。

Previous

デンソーとBlackBerry、複数のHMI製品を連携した統合コックピットシステム「Harmony Core」を開発

関西国際空港でゴミ箱センサーの実証実験を実施

Next