三菱地所とグルーヴノーツ、量子コンピュータとAIを活用した廃棄物収集ルート最適化の実証実験を開始

AIベンチャーの株式会社グルーヴノーツと三菱地所株式会社は、量子コンピュータとAIを活用したクラウドサービス「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を用いた廃棄物収集ルート最適化の実証実験(PoC)を三菱地所管轄の東京・丸の内エリアのビルで開始した。

今回、グルーヴノーツの量子コンピュータ技術とAI技術を活用した実証実験として、丸の内エリアで三菱地所が管理するビルから発生する廃棄物を効率的に収集運搬するルートを導き出す「廃棄物収集ルートの最適化分析」に取り組む。

約123haの丸の内エリアには、およそ4,300の事業所が存在している。同実証実験においては、約30棟のビルに対してAIで各ビルの就業者数等から廃棄物の重量や個数を予測するなど、廃棄物を収集するタイミングを推定する。そこから、廃棄物収集車両の種類や耐荷重、収集における作業時間、各ビルの制約条件等を考慮した上で、量子コンピュータを活用して、車両の運搬経路の最適解を導き出す。三菱地所とグルーヴノーツ、量子コンピュータとAIを活用した廃棄物収集ルート最適化の実証実験を開始
これにより、将来的に収集作業の効率化や車両走行距離の短縮につなげることで、特に廃棄物収集運搬業務における人手不足の解消や、街全体のCO2排出量削減(低炭素化)を目指す。

Previous

ファナック・富士通・NTT Com、 工作機械業界向け「デジタルユーティリティクラウド」実現に向けて協業

日本ユニシス、直売所販売支援サービス「つながるファーマーズ」を提供開始

Next