シーメンスとIBM、クラウド・ベースの次世代型ビル・エネルギー管理ソリューションで協力

Siemens Building Technologies事業部およびIBMは2月23日(現地時間)、シーメンスがもつビル運用の専門性とIBM®IoTを活用するクラウド・ベースのソリューションを発表した。

ビルとビルが「つながる」こと、またそこから生み出されるデータの利用価値を最大限に引き出すことにより、不動産の所有する企業は、業界を問わず、業績を伸ばしながら、エネルギー効率の目標到達を実現できるようになる。

 

シーメンスは、アナリティクスおよび資産管理など、IBMのWatson IoT事業部門が提供するソフトウェアを、Navigatorと呼ばれるクラウド・ベースのエネルギーおよび持続可能性の管理プラットフォームに統合する。この統合により、不動産を管理する企業には、次のようなさまざまな利点があるという。

 

Siemens Building Technologies事業部のCEOであるマティアス・レベリウス(Matthias Rebellius)氏は、次のように述べている。

「不動産を所有する企業が現在利用できるソフトウェア・ソリューションには、シーメンスのようなサービス・プロバイダーが提供する、設備を最適化するソリューションを活用したものはありません。当社のNavigatorプラットフォームがIBMのソフトウェアのインターフェースとして機能することにより、Siemensの実績ある、エネルギー最適化およびビルのパフォーマンスに関する専門性と、IBMの 不動産および資産の管理システムを融合させ、ビルの生産性を劇的に改善する、比類ない組み合わせを実現します」

 

Siemens Navigatorプラットフォームは、カスタマイズ可能なサービスをパッケージで提供し、ビル全体、キャンパス、あるいは不動産ポートフォリオ全体でビルディング・システムのパフォーマンス、エネルギー需要、エネルギー供給を効率的かつ効果的に管理することが可能。

新しいNavigatorプラットフォームにIBMのIoTテクノロジーを組み込むことで、利用者はユーザー・フレンドリーなインターフェースを使って、より高度なアナリティクス機能を利用できるほか、不動産ポートフォリオから得られる堅牢なデータ・セットを処理できるようになる。

また、Navigatorプラットフォームは、Siemens Desigo CCビルディング管理システムやサード・パーティー製のテクノロジーなど任意のシステムと統合できる。

今年から、Navigatorの新機能の提供も開始され、5月と10月にパッケージで提供の予定。

 

企業向け不動産業界は、一貫した結果や意思決定の効率化を実現する目的で、高度なデータ・アナリティクスの活用を始めたばかりだ。

ビル所有の総コストは、運用コストの71パーセントを占め、大企業の場合、不動産が損益計算書において2番目に大きな支出となることが少なくない。

ビルディングの所有者および事業者は、それぞれの不動産アセットのライフサイクルを通じてソリューションを駆使し、エネルギー効率の傾向や設備の可用性に関する問題を事前に予測でき、その結果、ビル運営での信頼性、費用対効果、持続可能性を可能な限り実現できるようになる。

 

【関連リンク】
シーメンス(Siemens)
アイビーエム(IBM)

Previous

ホンダ、F1向けレーシングデータ解析ステムにIBMの「 IoT for Automotive」を採用

ドコモとメディアテック、2020年の5Gサービス提供の実現に向けて、技術開発と実験で協力

Next