クアルコム、グローバルにおける5Gの現状と取り組みについて会見

2019年9月19日、クアルコム社長のクリスティアーノ・アモン氏(トップ画像)よりグローバルにおける5Gの状況、および同社の5Gに関する取り組み状況についての会見があった。

登壇したクアルコム・アモン氏は、5Gの特徴を「モバイルブロードバンドの性能が飛躍的に上がること、モバイルだけでなくあらゆる産業に使われること、多接続に対応すること」の3点にまとめた。特に産業用途については「ミッションクリティカルなものになる」と表現し、4Gの時と比べて、世界各国における5Gの取り組みが素早く、かつ同時多発的であったのは「産業に対して大きなインパクトを与えるものであったから」だと述べた。

上記のような5Gの特長や各国の取り組み状況を伝えた上で、クアルコム・アモン氏はベルリンで開催されたIFA2019での講演でも発表した、同社製品での5G対応拡大について改めて述べた。IFA2019では、同社の提供するモバイルSoC「snapdragon」の8シリーズだけでなく、7シリーズ、6シリーズにも対応させていくことを発表している。

クアルコム、グローバルにおける5Gの現状と取り組みについて会見

クアルコム・アモン氏は5Gのモバイル製品について「フラグシップモデルではなく、普及価格帯の製品で5Gを実現させてマスマーケットとして展開していきたい」と述べた。

また、アモン氏は先日発表されたTDKとの合弁会社である「RF360ホールディングス」を完全子会社化した背景についても、5G戦略と絡めて説明した。アモン氏は「産業向けにも5Gの活用が広がると、モバイルの知識や経験がない企業が参入する。その場合に備えて、モジュール化して5Gをすぐに使える環境を整える必要がある」と、子会社化によってモデムからアンテナまでを一括化して5Gソリューションを提供する体制を作る狙いがあることを語った。

Previous

PacPort、C2Cにも対応したスマート宅配ボックスを発表

生活者のための家電ショー、生活者のための家電進化 ーIFA2019レポート4

Next