akippa、こまがわ商店街とヤンマースタジアム長居をつなぐMaaSの実証実験を実施

株式会社セレッソ大阪が運営するJ1サッカーチームのセレッソ大阪は、ホームへ来場するサポーターが約2万人のサッカーチームである。一方、こまがわ商店街は大阪の商店街のひとつであり、ホームタウンを盛り上げるパートナーとしてセレッソ大阪とともに多くの取り組みを実施している。

そして今回、駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社は、DiDi、Luup、ハローサイクリングら移動に関するサービスを提供する各社と連携し、こまがわ商店街とセレッソ大阪と共に、こまがわ商店街とヤンマースタジアム長居をつなぐMaaSの実証実験を2019年9月28日開催の大阪ダービーにて実施する。

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設・オフィスビルなど空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスで、誰でも駐車場をシェアできるのが特長である。

今回の実証実験に参加する50名のサポーターは「こまがわ商店街付近のakippa駐車場に駐車(パーク)」し、「移動(ライド)に、ハローサイクリングのシェアサイクル、Luupの電動キックボード、DiDiのタクシー配車アプリのいずれかの手段を選択」する。
akippa、こまがわ商店街とヤンマースタジアム長居をつなぐMaaSの実証実験を実施
これにより、スタジアムでのサッカーの試合観戦だけではない、ホームタウン全体を使った体験を提供する。具体的には、商店街では「限定メニュー」などのサービス、スタジアムでは選手のピッチでの練習を見学できる「体験メニュー」を体験してもらう。
akippa、こまがわ商店街とヤンマースタジアム長居をつなぐMaaSの実証実験を実施
なお、実証実験の検証項目として「MaaSサービスの利用価値や体験レビュー」「体験メニューの満足度」を想定しており、後日レポートする予定である。

Previous

IDC、2023年のAIシステムに対する支出額は2019年の2.5倍以上に拡大と予測

富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」を販売開始

Next