PALTEK、AI活用の外観検査サービスで2次検査の省人化・無人化へ

製造現場での外観検査は、不良品の流出防止に加え、製品品質向上にとって重要な役割がある。既存の外観検査装置(以下、AVI)や自動光学検査装置(以下、AOI)では高い検査性能を実現する一方で、誤検知や過検出が多いという課題がある。そのため、2次検査として人手を介した検査が行われているのが現状だ。

このような中、株式会社PALTEKは、株式会社ハカルスがスパースモデリングを活用して開発した既存のAVIやAOIを補完するAIベースの外観検査サービスの提供を開始した。既存のAVIやAOIシステムから画像データを受け取り、AIが2次検査を実施する。

スパースモデリング(疎性モデリング)とは、複雑な分析で用いられた計算式を特徴のみ抽出して単純化するというデータ分析の方法論だ。少量データから有意な分析結果を導くことができ、ディープラーニングに必要とされる大量の学習データが入手できない環境での分析や識別作業の自動化に応用できる。また、データ同士の因果関係の解明も可能だ。

ハカルスが開発した外観検査サービスは、このスパースモデリング技術を利用したAIを活用しており、少量の教師データまたは教師データなしの環境での機械学習をサポートする。これにより、2次検査にかかるコストや人件費を削減する。

また、外観検査サービスは、単体のアプリケーションとして使用できるほか、既存のシステムにモジュールとして組み込むことも可能だ。APIやSDKを利用することで、現在稼働中の検査ラインへの導入や自社製品へのAI機能の追加を容易にする。単体のアプリケーションとして使用する場合は、管理者向けのダッシュボードと作業者向けの操作パネルをインターフェースとして提供する。タブレットやタッチパネルを使用した迅速な検査オペレーションを実現する。

同サービスは、基板や精密部品、金属、プラスチック、食品など様々なワークに対応し、それぞれに最適なAIのモデルを用意している。環境変化によるAIの性能低下をエッジ側での追加学習で防ぐことも可能だ。

Previous

IoTで留守中の自宅を確認できる「ファミリーネット・ジャパン×with HOME」受付開始

TIS、複雑な会計処理を既存システムの改修なしに実現する「ACTIONARISE取引データ管理サービス」を提供開始

Next