アイシングループ、コネクティッド技術とセンサ情報分析技術を活用した道路維持管理支援サービスの実証実験開始

人が安心して道路を活用するためには、道路の維持管理業務が大変重要であり、昨今はこれまで以上に管理業務の迅速化、効率化が求められている。

このような問題に対し、アイシン精機株式会社とアイシン・エィ・ダブリュ株式会社は、アイシングループのコネクティッド技術やセンサ情報分析技術を活用した道路維持管理支援サービスの実証実験を、愛知県岡崎市とともに、2019年10月2日から2020年3月31日まで行うと発表した。

道路維持管理支援サービスとは、走行車両で収集したデータから道路の異常を検知し、その情報の提供、補修に向けた計画支援、対策実施といった、道路の維持管理のトータルサービスであり、従来の道路維持業務をより効率的に改善できるサービスである。

Previous

SATS、機内食工場のデジタルツイン化 ーダッソー「Manufacturing in the Age of Experience」レポート2

凸版印刷とユニファ、IoT・AIを活用した「スマート保育園」の実現で連携強化

Next