パナソニックのスマートHEMSが標準採用された新築一戸建て分譲IoT住宅のモデルハウスを公開

株式会社中央住宅は、千葉県松戸市に、新築一戸建て分譲IoT住宅「マインドスクェア北松戸 ファーステラス」のモデルハウスを公開した。

同住宅には、パナソニック株式会社のスマートHEMS「AiSEG2」が21棟全てに標準採用されており、スマートフォン専用アプリである「スマートHEMSサービス」を利用して、例えば、外出先で施錠の状態を確認、スマートフォンでリアルタイムに来客の応対、帰宅前にお湯はりを行うなど、外出先でも自宅の見守りや家電の操作を行うことができる。

現地のモデルハウスでは、IoTを利用して玄関施錠、家電操作などを体感できる。

Previous

凸版印刷とユニファ、IoT・AIを活用した「スマート保育園」の実現で連携強化

総務省がローカル5G等の導入に必要な制度を整備、電波法施行規則等の一部を改正する省令案等に関する意見を募集

Next