NTT Comと日本マイクロソフト、「Microsoft Teams」を活用した働き方改革ソリューションに関する連携を拡大

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と日本マイクロソフト株式会社は、これまで、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と、NTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」を効果的に組み合わせたハイブリッドクラウドサービスの提供や、「Office 365」を中心とした働き方改革ソリューションなどを通じて連携してきた。

今回、デジタルデータを活用したさらなる働き方改革の実現に向けて、両社の連携を強め、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」におけるチーム コラボレーションのハブである「Microsoft Teams」を活用した働き方改革ソリューションに関する連携を拡大する。

第1弾として、NTT Comは、「Microsoft Teams」に対応した外線通話機能「Direct Calling for Microsoft Teams」を2019年12月から提供し、「Microsoft Teams」利用者の社外への外線通話を可能にする。加えて、NTT Comグループが提供するクラウド型Web電話帳「連絡とれるくん」と連携させることで、ダイヤルパッド発信だけでなく、相手の連絡先をワンクリックするだけで外線通話が可能となる。

チャット、ビデオ通話、外線通話など、ビジネスに必要なあらゆるコミュニケーションを「Microsoft Teams」に集約させることで、シームレスかつ場所にとらわれないコラボレーションを実現でき、企業の働き方改革に貢献する。

Previous

総務省がローカル5G等の導入に必要な制度を整備、電波法施行規則等の一部を改正する省令案等に関する意見を募集

アイリッジ、Alexaスキル制作からスマートホーム機器設置まで提供する不動産事業者向けIoT住宅パッケージの提供開始

Next