キーサイト、コネクテッドカー向けサイバーセキュリティソリューションの提供を開始

近年、IoT化が進みエンターテインメントや快適さを実現する一方で、自動車業界では、安全な運転への影響も大きくなっている。最近のConsumer Watchdogレポートでは、コネクテッドカーにおけるサイバーセキュリティリスクの現状が明らかとなった。

そこで、キーサイト・テクノロジー株式会社(以下、キーサイト)は、コネクテッドカーに対するサイバー攻撃の懸念の高まりに対応するため、ハードウェア、ソフトウェア、サービスを含む広範なサイバーセキュリティソリューションの提供を開始した。同ソリューションには、導入前/導入後に個別または全体で機能している自動車のコネクテッド・コンポーネントの回復力を検証する「オートモーティブ・サイバーセキュリティ・プログラム」が含まれている。

さらに、キーサイトのイクシアソリューショングループ(以下、ISG)によるセキュリティソリューションは、自動車を接続する4G/5G無線アクセスネットワーク(RAN)インフラストラクチャと、業務を管理するバックエンドのデータセンターの包括的なセキュリティ検証を可能にする。

ISGの可視化ソリューションは、ネットワークに配置されているセキュリティツールをより効率化するためのインフラストラクチャを提供する。キーサイトはECUレベルからクラウドデータセンターまでのサイバーセキュリティの効率性を検証および測定する。

Previous

[10/28 品川] Azureを使ったIoTを ビジネスにより活かすためのポイント~IoTNEWS&IoTビジネス共創ラボ 共催イベント

グローバル電子、センサ・IoT機器の研究や開発を行う新拠点「技術開発センター」を開設

Next