JellyWareと早稲田大学、ハッカソン「未来のキャンパス」開催

JellyWare株式会社は、文部科学省のグローバルアントレプレナー育成促進事業「EDGEプログラム」の一つであるWASEDA-EDGE人材育成プログラムの一つとして、アイデア創発とラピッドプロトタイピングを学ぶ目的としたハッカソン「未来のキャンパス」を3月12日~13日に早稲田大学にて実施する。

ハッカソン「未来のキャンパス」はWASEDA-EDGE人材育成プログラムが主催し、IoTを中心とした様々なハッカソンを実施してきているJellyWare株式会社が企画・運営を担当する。

同ハッカソンでは、大学キャンパス内の課題を見つけだし、その課題を解決するソリューションのアイデアの発掘とそのプロトタイプ作製を目指す。キャンパスをもっと便利に、もっと楽しくするためのアイデアの発掘とそのソリューションのプロトタイプ開発に興味のある方なら自由に参加可能。

※ハッカソンとは?
「ハッカソン」(hackathon)とは、広い意味でのソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語である。最近では、エンジニアやデザイナーだけでなく、プランナー、マーケター等、幅広い分野の人々が参加し、お互いの経験を共有しながら、アイデアを発掘し、短時間でプロトタイプを完成していく共創のイベントとして定着しつつある。

 

「未来のキャンパス」開催概要

■日時:2016年3月12日~3月13日(両日共に9時~19時)

■会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス内(予定)

■対象:ハッカソンと大学の課題に興味のある大学生・社会人

■定員:30名

■参加費:無料

■お申し込みはこちら

■プログラム
・3月12日(土)
09:00~09:30 受付
09:30~12:00 アイデア拡散ワーク
13:00~14:00 個人アイデアプレゼン/チームビルディング
14:00~18:00 チーム単位のアイデアブラッシュアップ
18:00~19:00 中間プレゼン

・3月13日(日)
09:00~09:30 受付
09:30~17:00 プロトタイピング&ソリューションインタビュー
17:00~18:00 最終プレゼン/審査・結果発表
18:00~19:00 懇親会

 

【関連リンク】
JellyWare
早稲田大学(Waseda University)

Previous

PTC、企業向け拡張現実(AR)ビジネスにおいて、新しいコーポレートビジョン「A Fresh Look at Things(モノの新しい見方)」を発表

ファーウェイ、グローバルNB-IoTサミットを開催

Next